ストレングス・ファインダーを自分でやってみた!有料レポートは購入した方がいいのか私のレポートを公開してお知らせします。

先日、本屋に行ったら「さあ、自分の才能に目覚めよう」の新版が出ていました。昔のものはもう10年近く前になんとなく読んだだけだったので、今回初めて有料テストも含めてやってみることに。

有料テストを受けるときに、お金を無駄にすることなくちゃんとした結果を得られる方法も含めてお伝えしていきます。

ストレングスファインダーとは何なのか?

ストレングスファインダーとは、ギャラップ社が40年にわたって行ってきた「人間の強みに関する研究」を体系化したもので、34の強み(資質)とは何か?自分が持っている強み(資質)の順位はどうなっているかが分かるものです。これは私が外資証券にいた時に「コンピテンシー(強み/資質)」として 人事評価に使っていたものと非常に似ています。その人の強みをより生かして、よりやる気の出る、より成果の出る仕事を選択するきっかけとなる重要なものです。

ストレングス・ファインダーテストへはこちらから

ピータードラッカーも「強み」を重視していた

経営の権威ピーター・ドラッカーこうは言いました。

「人が卓越した成果を上げられるのは、強みによってである」
「不得意なことを普通のレベルにするより、得意なことを大得意のレベルにする方が容易だ」

「何事かを成し遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない」

「誰でも自らの強みについてはよく分かっている。だが、たいていは間違っている。わかっているのはせいぜい弱みである。それさえ間違っていることが多い」

実際やってみた結論!書籍+トップ5の強みが分かる無料テストだけでは足りない!

テストを受けるためにはまず紙の書籍(1800円+税)を購入する必要があります。(Kindle版の販売はありません)

紙の書籍を購入すると自分の強みトップ5がわかるテストが無料で受けられ、Kindleにダウンロードできる電子書籍が無料で特典として付いてきます。

私は前回の書籍ではこのトップファイブの強みだけ見て「なんだかよくわからないなぁ」「結局使えないなぁ」と思っていました。「だから、何なんだ?どうすればいいのか?」が分からないのです。

そこで今回さらに49.99ドル(6千円弱)を支払って「全34の強みを見つけるためのテスト」を受けました。結果、この全ての強みを見つけるテストに本当の価値がありました。

ストレングスファインダーのオンラインテストの内容と所要時間は?

テストにかかる時間は大体30分ちょっと位です。ストレングスファインダーのテストは、全部で180問。質問の内容は下記の写真のようなものになります。ぱっと思いついたところを選ぶようにします。

朝イチ邪魔の入らない時間帯でテストを受けるのがオススメ

私がお勧めするのは朝イチにテストを受けることです。どうしても午後に入ると、その日の出来事に自分の思考パターンの偏りが出てしまうので、朝イチのフラットの状態でテストすることをオススメします。

早速私のレポートを公開します

まず「私の強み34の結果レポート」がこちら

こちらのレポートでは私の強みとなっているトップ10の資質。そしてそれに続く中間的に強い資質、弱い資質がレポートでわかりやすく表示されます。

次のページからは私のトップ5資質について、具体的にどういう特徴があるのか、どういったことに注意すべきなのかがわかりやすくまとめられています。↓

私の強みの5番目に「運命思考」が入っていました。

これを見たとき私は「このレポートは間違っている」「なぜならば、私は運命に身を委ねたり、スピリチュアルなことを深く信じるタイプではない」からです。ところがレポートの内容を深く読んでみると、実はそういう解釈ではなく、もっと深い資質強みを表すもので内容としてあっていました。ですから強みのタイトルだけ、上っ面だけ捉えることなく、内容をしっかり読むことがとても大事なポイントです。

「私の強み34の結果レポート」で分かるより深いこととは?

34の結果レポートでは、ただ単に自分にどんな資質や強みがあるかわかるだけでなく、総合的に見てどういう強みが発揮できるのかが分かります。私の場合には「戦略的思考力」というのが強みを複合化した時に現れてきたものです。

いま自分がビジネスプロデュースするときに、その人の強みをコーチングスキルで引き出し、その人のコンテンツについて書籍を読んで、より分かりやすく言語化して、集客が自動化するようメルマガや動画に落とし込んでいくプロセスが、まさにこのテストに如実に現れていました。

またその他の総合的な強みとのバランスもこのように一目瞭然見て取れるので、自分がどういった人間なのか、どういったところに注意しなくてはいけないのかがチャートで理解できます。またチャートで理解できるだけでなく、レポートとして詳しく記述がありますのでそちらも参考にすると良いでしょう。

起業している人、将来起業を考えている人は自分の強みを知っておくべき

結局、起業して結果を出している人たちは、自分が平均以上になれない事は絶対に手を出さない、ということを徹底しているのです。自分がそれほど頑張らなくてもできてしまう事をレバレッジしていくことで、自分の価値をより高めていく、より生産性を上げて収益を上げていくと言う戦略はとても重要です。ですから自分がどんな資質強みがあるのかをこのテストを受けて知っておくというのはとても価値があることではないでしょうか。

まとめ

  1. ストレングス・ファインダーは本を買うだけでは無意味
  2. 本に付いてくるトップ5の強みテストも内容不足で活用できない
  3. プラス49.99ドル払うと得られるフルレポート(34の強み)はとても良いオススメ
  4. テストはオンライン180問、約30分
  5. 朝イチの思考がフラットに整っている状態でテストするのがオススメ
  6. 実際のレポート内容については記事を参照のこと
  7. 結果を出している人たちは、自分が平均以上になれない事は絶対に手を出さない、ということを徹底している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事