ユニクロはもはや国民服なのか?/松ヶ崎ときどき日記

先日、ユニクロに行って1万1千円ほどお買い物をしました。
↑が今回の戦利品。

基本的に私は、下着類や寝衣はユニクロ。
それに汚れやすい(長持ちしない)白いシャツや白デニムもユニクロですかね。
肌に近くなるほどユニクロはよく出来てる、質の高いものが多いように感じます。

一方、ジェケットやアウターはちょっとイマイチかなあ、やっぱり生地にムリがあってどうしてもユニクロって分かります。ジャケットなんかは生地が命なので分かっちゃうんでしょうね。

今回は買わなかったけれど、デニムやチノパンなんかのデザインはとても良かったです。あのテーパード感は下手なところで買うよりずっとユニクロで買った方が間違いない。最近デニムパンツって、2万〜5万くらい平気でするじゃないですか。迷ったらユニクロのデニムでいい。そうファッションの本を書いてる知り合いのプロの方もおっしゃってましたよ。

だいぶ春らしい日差しになってきたので、白や明るめの色をジャケットの下に羽織りたいと思っています。(私はジャケットが落ち着いた色ばかりなので)

日本くらいお金をかけないでオシャレができる国は他にありません。昨年ミラノにいったときに日本人の方がずっとオシャレだなって分かりました。国民服ユニクロに感謝しなきゃね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事